FC2ブログ

ici

ジュエリー万歳

がたがたリング~その4~



 こんにちは、iciです。今年も「スーパーボール」の季節がやって来ました。とっても跳ねる、カラフルなボールじゃないですよ。アメリカンフットボールのチャンピオンを決める大会です。実は僕、好きなんです、アメフト。NFLとNBAを放送してくれるNHK。判らない方には申し訳ありませんが、NFLのプレーオフが始まるとウキウキしてきます。当然アメリカ人にとってもこの「スーパーボール」は尋常なことではなく、この日は街の商店が休んじゃうようです。でもピザ屋さんは大忙し。みんな家でピザを食いながらテレビで観戦する。今年は名門「ピッツバーグ・スティーラーズ」の勝利でした。ここでもし、僕が女だったら。当然NFLのチアリーダーになります。選手たち、観客席の、そしてテレビの前の男どもを、悩殺しまくるのです。最高のスマイル、最高のプロポーションで、男どもを皆殺しにしてやります。それくらいのビームが彼女たちからは照射されています。20060206224018.jpg

 上の写真は「がたがたリング(仮)」の仕上げ~石留、です。前回は“キャスト”という作業で以って複製が出来ました。ですがその表面は光っていません。そこで研磨剤や色んな道具を駆使して磨き上げます。宝飾の業界で使用する工具、他業種のそれの流用が多いです。その他業種とは“歯科業界”。歯医者さんで使うモーターで削ったり磨いたり。なので自分が歯医者さんに行くと、大体何をやっているのか見当が付きます。仕事で使う分には良い相棒なんですが、口に入れられたとたんにそれは凶器となって歯向かって来ます。歯医者だけに。プーッ。綺麗に磨いたリングに、石を留めてみました。この留め方は「パヴェ留め」といって、どうも石畳の事らしいです。とても小さい石を“ちまちま”と地味な作業です。と、このように、世の中を流通しているジュエリーのほとんどが、今まで書いてきたような作業を経て、ショーウインドウに並んでいます。興味のある方は~その1~から、見直してみてください。

 ダヴィンチ・コード、読了しました。面白かったですねぇ~。この本を持ってルーブル美術館に赴く人が後を絶たないようですが、その一行に僕も加わりたいです。この本を読んでルーブルに行きたくなった僕ですが、西村京太郎を読んで寝台特急に乗りたくなりはしません。悪しからず。続く。
スポンサーサイト



テーマ:ジュエリー - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2006/02/06(月) 22:43:10|
  2. ジュエリーのお話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<伊藤美咲って、そうでしょう? | ホーム | 写真がこれしかなかった。>>

コメント

複製作りの工程が良く分かりました。原型を
どうやって作るのかはまたご紹介ください。
ふ~ん、そして、かなりユニークなデサインですね。個性的な人、指のぶっとい人なんかだったら似合うかな、どんな方をターゲットにしてるんですか?
ダビンチコード今度貸して。
  1. 2006/02/08(水) 20:22:43 |
  2. URL |
  3. ソレ #qhfjf6l.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ici.blog13.fc2.com/tb.php/91-5d1df34e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)