FC2ブログ

ici

ジュエリー万歳

本は本、映画は映画。



 こんにちは、iciです。日陰にはまだ雪が残っているばかりか、カチカチになっちゃってますね。雪が降ればわざわざ雪を踏みしめながら歩き、解けて凍ればわざわざその上を歩く、それが僕です。31歳になった今でも、昔のように雪で遊びたい、そして食べたい。前回、「風と共に去りぬ」を見たと書きました。ですが僕は基本的に映画をあまり見ません。ビデオも借りません。何でなんでしょうか?よく判らんのです。よくは判りませんが、“おそらくそうだろう”という目星は付いています。それを述べます。ちなみに、ビデオを借りない理由はハッキリしていて、僕は人に物を借りるのが苦手なんです。「あぁ、借りてんだ、今」って常に気になっちゃうんですよ。あふあふしちゃう。「借りるんだったら貰っちゃえ」っていうのが信条です。

 さて、僕は本をよく読みます。月に5~6冊といったところでしょうか?おかげで本棚がすぐに一杯になります。この辺が僕の映画を見ない理由なんじゃないかと。ハッキリ言いますが、ドラマ(物語)を表現する上では、映画より本の方が圧倒的に優れています。だって本には、その「ドラマ」と「活字」しかないから。ドラマしかない、と言っても良い。だって、活字は記号ですから。何も訴えてこない。「明朝体を見てると泣けるんだよぉ」と言う人いたら、相当な人物です。読書検定、3段くらい?それに対し映画は、ドラマのほかに「映像」と「音」がある。「ドラマについては本が勝っている」、僕にとっての映画の醍醐味は、まさにその「映像」と「音」でしかないんです。なのでその2点に特化して、見たい映画を選んでみる。そうすると“すごい爆発”とか“すごいアクション”とか“音楽が素晴らしい”とか。要するに「スターウォーズ」ですとかね。僕、「カクテル」っていうトム・クルーズの、くっだらない映画が好きなんですけど、それだってカクテル作っているシーンがカッコイイから好きなんであって、何も物語が好きなんじゃないいんですよ。シェーカーぐるぐる回したりね。で、そういう基準で選んだ映画って、他の人が見たがらないんですよ。だから行かない。その上、そういう映画は、1人で観に行くほどのもんでもない。だから見ないのです。

 長くなりましたが、そんな僕が1番好きな映画、DVDも持っている。それは「ブルース・ブラザーズ」及び「ブルース・ブラザーズ2000」です。内容は、“ほぼ”ありません。そこにあるのは「おバカな2人組」と「ブルース」だけです。おバカな2人が散々ハチャメチャな事をして、最後に「愛」を歌う。素晴らしい。なのに薦めません。当然ですが、奥さんであるところのデザイナーは嫌いなようです。続く。
スポンサーサイト



テーマ:ジュエリー - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2006/01/25(水) 23:37:03|
  2. 映画の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<見習いましょう | ホーム | がたがたリング~その2~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ici.blog13.fc2.com/tb.php/87-6d3d07a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)