FC2ブログ

ici

ジュエリー万歳

ジャポニズム学習帳



 こんにちは、iciです。ウチのお隣さん家族が、何の挨拶もなしに引っ越して行きました。と言う事で、隣が空いていますよ!何方か引っ越してきませんか?前々回の「ガチャピンとムック」のお話、楽しんで頂けた様でよかったです。“とおるさん”“陽菜パパさん”ご声援有難うございます。ちなみにウチの奥さんであるところのデザイナーは、どっちかと言えば「ムック派」のようです。そういえば何年か前「劇場版ドラえもん」がどうしても観たくなって、無理やり一緒に連れて行ったことがあります。その時のデザイナーの感想は「想像以上につまらなかった」と言っていました。という事は、観る前から“ある程度のつまらなさ”を想定して、心構えをしていたにもかかわらず、それを凌駕するつまらなさだった、とこう言っているのです。ドラえもん師匠を前に、なんという大それた事を・・・。

 このあいだの日曜日、汐留にある松下電工ミュージアムでやってる「ジャポニズムのテーブルウェア~西洋の食卓を彩った日本~」を、やっつけに行って来ました。ここの美術館は過去にも行っているのですが、こじんまりしていて、何より、空いているのです。混んでいる美術館は疲れますよね。人垣の隙間から観たりして。ここは何の気兼ねも無く、伸び伸びと野比のび太。アメリカの金持ちが集めた「日本文化の影響を受けた食器」の展示です。「当時の日本には、外国人に憧憬を抱かせるものが多くあったんだなぁ」というのは、色々な美術展を観ていると判ってくる事です。極東のちっぽけな島国なのに、もっと自信持っていいんじゃないすか?僕は「文化の融合」みたいなものに強く惹かれます。「憧れる側が、尊敬の念を持って、一生懸命に作る」ったものが、上記の食器だったり、日本の洋食だったり。“資生堂パーラー”なんて、今見てもとってもお洒落です。ずいぶん前に書いた「俺ぁ東京さ行くだ」とか。あれが日本語ラップの魁なのは、紛れも無い事実です。ビル風が凄いですけども、汐留、行ってみて下さい。

 来週あたり、重大なお知らせがあります。続く。
スポンサーサイト



テーマ:オリジナルのジュエリー - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2007/03/23(金) 00:53:19|
  2. 美術館めぐり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お知らせでございます。 | ホーム | エメラルドのペンダントのリフォームをしました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ici.blog13.fc2.com/tb.php/173-4b2160c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)