FC2ブログ

ici

ジュエリー万歳

ニキ、ニキ、ニキ、ニキ、ニキ・ドゥ・サンファル。

 20061106233039.jpg

こんにちは、iciです。3連休でしたね。以前に書いた様に、我々ジュエリーに携わる者として、見といた方が良いであろう美術館があります。国内に5ヶ所も。その内の1つ、「箱根ラリック美術館」は制覇済みです。“ジュエリー経験値”を上げるべく、今回は栃木県は那須にある「アンティークジュウリー美術館」に行ってきましたよ。“ジュエリー”ではなく“ジュウリー”と表記しているあたりに意気込みを感じますが、“ジュエリー”も“ジュウリー”も、そのままの発音では外人には通じません。どっちでも変わりません。尚、5ヶ所ある美術館を1つ、2つとクリアしていくと、最後には「大ボス」が出て来るらしいです。

 と、通常ですとここで美術館のリポートをするのですが、とても万人受けするものではなかったので、もう一軒立ち寄った、「ニキ美術館」をご紹介したいと思います。「ニキ、ニキ、ニキ、ニキ、二木の菓子」、「♪~スイン、スイン、スイン、スイング、二木ゴルフ~♪」の二木とは、関係は無いようです。パリ生まれの女性彫刻家「ニキ・ドゥ・サンファル」さんの作品を展示した美術館です。久しぶりにヒットです。建物のの佇まい、大きさ、雰囲気など、美術館として“気持ちの良い場所”でしたよ。便座も温かかったし。さっきから考えているんですけど、展示品を言葉で説明するのが難しいんです。ただ1つだけ、僕の感じた印象を書くとしたら、「男は作れないんじゃないか」という事です。作品に漂う優しい感じは、女性特有の物の気がしました。この美術館が居心地が良かったのは、便座のせいではなく、そういう気配が作品から“ぴゅるぴゅる”と滲み出しているからかも知れません。オススメです。 
20061106233055.jpg

 イタリアのどっかの地方に、ニキさんの大きな作品群で出来ている公園のような所があるらしく、次回、イタリアに行った際には必ず行きたいのです。ちょっと遠い。「二木の菓子」なら御徒町だけど。続く。
スポンサーサイト



テーマ:ジュエリー - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2006/11/06(月) 23:34:48|
  2. 美術館めぐり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あ~、かに食べたい。 | ホーム | 我が家のヒミツ。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ici.blog13.fc2.com/tb.php/152-02c3ec5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)