ici

ジュエリー万歳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

これ食ってんの。

ケロッグ

 こんにちは、iciです。いろんな方からお気遣いのお言葉を頂いておりまして、ご心配をおかけしていますが、僕は大丈夫です。強靭な精神力でもって湧き上がる食欲を押さえ込み、「いつか見てろ、いつか見てろ」と毎朝50分、歯を食いしばり、悔し涙を流しながら歩いているのです。僕の食事を見て、さしもの“おしん”が「もっと良いもんさ食え」と大根飯をくれました。。朝、僕が歩いている道は、最近アスファルトが磨り減り始めました。ですから僕は大丈夫です。次回、皆さんとお会いする時は「名札」を付けておきます。

 そんな僕が33歳になって食べ始めたのが「シリアル」です。僕は体質的に、牛乳を飲むとお腹を下してしまいます。なので殆ど、食べずに生きてきました。ですが熟考の末、「今の僕にはシリアルの朝食が良いのではないか」と思い、取り入れた次第です。お腹も徐々に牛乳に慣れ始め、毎朝食っています。どっちかっつうと、ふやけた感じの“フニャフニャ気味”でいってます。お気に入りはケロッグの「ブラウンフレーク」。香ばしくて美味しいもんです。そうそう、ケロッグといえば「ケロッグ博士」という映画があるんだっけ。「菜食、禁欲こそ長寿の秘訣」と唱えるケロッグ博士の、実際にあった療養所のお話。面白かったなぁ。やってる人は大真面目なんだけど、笑っちゃうんだよねぇ。いやいや、話が逸れましたな。本当はもっと値段の張る、輸入食材屋のシリアルも食べてみたいのだけど「まだ早い」って言われちゃったんです、奥さんであるところのデザイナーに。そうだそうだ、シリアルと言えば「シリアルママ」という映画があるんだっけ。「シリアル」って連続殺人という意味もあるんだよねぇ。世の中にいる迷惑千万な輩を殺していく、その辺にいそうな主婦の話なんだよなぁ。ビデオ返す人を「巻き戻せっ!」って殺すところなんか、腹抱えて笑ったなぁ。そういえば、これも実話なんだっけなぁ。またまた話が逸れましたな。たかだかデブ防止の朝食で、話が膨らむなぁ。すごいなぁ、シリアル。

 今年も残すところ、あと3週間弱、ラストスパートですよ!続く。
スポンサーサイト

テーマ:アクセサリー全般 - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2007/12/12(水) 23:54:19|
  2. 映画の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デブの習性。



 こんにちは、iciです。今日は寒かったですな。ひと口メモですが、僕は3週間ほど前から、朝の出勤時に歩いております。1つ手前の駅で降りまして、仕事場まで。えぇ、そうです。デブ解消を目指しています。都内と違いまして田舎なもんですから、50分、しっかりと歩いています。これが僕にしては珍しく、続いているのですねぇ。週に4日は歩いていますよ~。身体の為を思い、始めたエクササイズ・・・。思わぬところにその弊害が出ました!歩き過ぎで、ジーパンが破けましたっ!腿の付け根が「股擦れ」で!高いジーパンの穴と引き換えに得られる健康な身体・・・そう!プライスレス!!!穴を広げつつ、泣く泣く歩いているのです。痩せれば股擦れだってしなくなるさ!!!!

 昨日「いのちの食べ方」という映画を見てきました。我々が普段食べているものが、どのようにしてやって来るのか、という話。まぁ、普段は蓋をしてしまっていて、見ないフリを決め込んでいる所を、再確認してみようじゃあないですか、という映画です。早い話が、屠蓄場で殺され、腹を割かれたブタのお腹から“ブルリン”と内臓がこぼれたり、後ろ足で吊るされた牛からTシャツを脱がすように“ズルリン”と皮を剥いだり、巨大な乗り物で“ツルリン”と広大な土地を丸刈りにしたり、そういう場面のオンパレード。セリフは一切ありません。再確認ですよ。生産現場の規模の大きさ、すべてが流れ作業化されたそのシステム。まるでそこには「命」が介在していないかの様に見えてしまいますが、確かに我々は「命」を食っているのですね。色鮮やかな画面で綺麗に見せてくれます。皆さん、観ましょう。特に、小学生とか見なさい。

 映画を見て「ホルモン食いてぇ」と思い、家に帰って「モツの煮込み」を作りました。僕は根っからのデブなんでしょうか。続く。

テーマ:アクセサリー全般 - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2007/11/20(火) 00:08:31|
  2. 映画の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポケモンvsアズールとアスマール



 こんにちは、iciです。暑いです。その暑さをものともせず、東京中を西へ東へ駆けずり回っているのは「ポケモンスタンプラリー」に興ずる子供たちです。JRが夏休みに行っている行事です。首都圏95駅に散らばるポケモンのハンコを押すという、まさに子供だましな企画です。昔は子供が集めるハンコといえば「ラヂオ体操」と決まっていたんですけどねぇ。電車でハンコ集めに奔走するお子には、引率者である親御さん、もしくはお爺ちゃんお婆ちゃん、がもれなくセットで付いています。僕もその位の歳の子供がいてもおかしくは無い32歳の男としまして、想像する訳です。「たまったもんじゃないな」と。僕はポケモンに興味はありません。加えて言いますと、電車も好きじゃありません。なので、モーレツに興味が沸きません。ですけども、子供とやれば楽しいのでしょうか?もし子供がいたら、「よ~し、次の新宿駅でゴールだ。頑張ろうぜっ!」と楽しめるのでしょうか?それとも「しょうがねぇな」と、黙って付き合うのが親の務めなのでしょうか?間違いないのは、僕の子供はポケモンを知らずに育つであろう事です。

 ポケモンを知らない我がお子は、ポケモンの代わりに「アズールとアスマール」という映画を観て育ちます。渋谷のシネマアンジェリカで上映中の、海外アニメ映画です。フランスの映画みたいですが、舞台はアラビアの何処かの国です。日曜日、観に行ってきました。国籍は違うけど“兄弟同然”に育った、アズール君とアスマール君の話。雰囲気のある圧倒的に綺麗な絵と、楽しくなる平和な物語。1日5回の上映中4回は吹き替え版、という配給側の思惑に対し、客席にいるのは大人ばっかし。ポケモンなんて止めて、こういうアニメを見なさい!少なくとも我が子には、こういう方向で考えています。そうしないと、自分が大変だからね。ココをクリックすると、公式ページに行けて楽しいですよ。

 思わせぶりな文章かも知れませんが、子供が出来たとか、そういうんじゃないです。続く。

テーマ:これ欲しい♪のジュエリー・アクセサリー - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2007/08/08(水) 00:13:13|
  2. 映画の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

植村直己には会ってみたかった。



 こんにちは、iciです。「ボン・ジョビ」ご存知でしょうか?アメリカのスーパーロックバンドです。「ジョン・ロブ」はどうですか?イギリスの超高級シューズメーカーです。どちらも大変、僕の興味を引きます。ジョンロブは持ってませんが、ボンジョビは歌えます。ですが、「ジョンベネ」には、全く興味がありません。なのにテレビをつければ連日の報道。誰かが“どうしても見たい”と訴えた結果なんでしょうか?「花咲ガニ」僕はそれほど食べたいとは思っていません。カニは美味しいとは思いますが、無いんじゃあしょうがない。なのに無理して獲りに行く。誰かが“どうしても食いたい”と訴えた結果なんでしょうか?どういう事なんでしょう?

 先日の日曜日は新宿で「狩人と犬、最後の旅」という映画をみました。僕は基本的に新宿、歌舞伎町エリアの映画館には行かない事にしています。汚いんです。ですが新しく出来た高島屋の中の映画館だけは行きます。そこでやってました。北米の山の山の山の中でひっそりと暮らす狩人と犬ゾリの犬達の、スケールの小さい交流を、大自然という大スケール越しに垣間見る映画でした。自然の厳しさを改めて突きつけられる場面や、ほのぼのする場面。突然気味の悪い歌が流れたりと、非常に楽しめました。。良い映画でした。ですが絶対に、「植村直己物語」のほうが面白い!絶対そうだ。植村直己は良いですよ~。物書きとして何冊か出していて、高校時代に読んだ「極北に駆ける」という本は、僕に何らかの影響を与えたのは、紛れも無い事実です。これを期に著作を揃えたいと思います。

 コンテスト以降、僕もデザイナーも少し「気抜け」しています。これじゃいかん!続く。

テーマ:ジュエリー - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2006/08/23(水) 23:22:34|
  2. 映画の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かもめ食堂のしょうが焼き食べたい。



 こんばんは、iciです。ピンチヒッターの奥さんです。今日はいつも遊んでいただいているお友達と銀座で「かもめ食堂」を観て来ました。先日ダンナさんと観ようと上映時間ギリギリに行くと、「立ち見になります。」と言われ、私が「立ち見はイヤだ!」と主張した為にその日は流れてしまったのでした。1時間前から並んでいないと立ち見になってしまうことがあると映画館の人が言っていました。でも1時間も上映室脇の廊下にギュウギュウに並ばされるのってしんどいですよ。イマドキの小さな映画館って整理券を配り「上映時間少し前集合」ってことになってるのに・・今後、私は同じ映画を他の場所でも上映していたらその映画館では観ないかもなぁ。何か理由があって出来ないのかもしれませんが。

 肝心の「かもめ食堂」は最近、はやりの北欧、フィンランドのヘルシンキが舞台とあって使用している食器や台所道具やがおしゃれだし、みなさんが着ているお洋服がかわいい、もたいまさこが着ていた鳥の柄シャツが欲しい、とトキメキました。お話は日本人女性がヘルシンキにオープンした食堂が繁盛するまでの淡々とした日々の出来事を綴ったものを味のある役者たち(小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ)が演じていました。もたいまさこの目で語る独特な雰囲気が好きでした。淡々としたストーリーなのであのくらい濃い役者をスパイスにしないと。

 映画の後、お茶をしました。発見したのは夜はバーになる喫茶店。変わっていたのが「ケーキ持込可」(フォークやお皿は貸してくれるそうです)銀座でおいしいケーキ(そのお店にはチーズケーキだけしかない)を買ってお友達と食べれるってうれしいですよね。くつろげる空間だったし、飲み物おかわり250円っていうのも良心価格。お友達は「今度は、母と一緒に来よーっと。」と喜んでおられました。続く。

テーマ:ジュエリー - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2006/04/09(日) 23:01:29|
  2. 映画の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。